NEWS

2017.4.19

Spedagi Atoのバンブーバイクプロジェクトを視察してきました

Spedagi Atoのバンブーバイクプロジェクトを視察してきました

山口県山口市の中山間地域、阿東地区に拠点を置く、Spedagi Atoのバンブーバイクプロジェクトを視察してきました。

以下、Spedagi Ato公式Facebookページの引用

「Spedagi Ato(スペダギ阿東)とは
Spedagi Atoは日本におけるSpedagi(スペダギ)の運営団体である一般社団法人Spedagi Japan(スペダギ ジャパン)が過疎の進む山口県、山口市の中山間地域である阿東地区で、阿東の住民グループ、山口情報芸術センター[YCAM]、デザイン事務所オープンハウスと共同で進めているプロジェクトで、現在阿東地区に自生する竹を素材とした竹自転車の開発に取り組んでいます。
将来的にはバンブー、あるいは竹を産する世界各地に同様の主旨での運動を広げていくことができればと考えています。

このプロジェクトは2014年にインドネシア、ジャワ島中央部にあるジョグジャカルタから車で約2時間の所にあるカンダンガン村でデザイナーSinggih.S.Kartono(シンギー・S・カルトノ)氏により始められたソーシャルデザインプロジェクトです。
Spedagiとはインドネシア語の自転車「Sepeda(スぺダ)」と、朝「Pagi(パギ)」からなる造語で「朝自転車に乗る」という意味を持っており、その名の通り早朝自転車に乗って村を巡っては村人たちが抱える様々な社会的課題の相談に乗り、デザイン的視点からのアドバイスを提供しています。その自転車のフレームなど主要部品に、村に豊富に自生するバンブーを利用しているのが特徴で、地域の天然資源を有効活用したバンブーバイクはこの活動のシンボルとなっています。
世界中で起きている都市化にともなって村が衰退してゆくことに対して危機感を感じているシンギー氏はその解決策を探るために2014年に村を元気にする会議であるICVR( International Conference on Village Revitalization)を開催し、以降2年に一度インドネシア国内外で開いております。
2016年度の第2回は日本の山口県阿東地区で開催しました。」

DSC08491

DSC08496

DSC08505

DSC08684

DSC08698

IMG_5236

written by oishi junji

CONTACT

masuda google maps

698-0025
島根県益田市あけぼの西町3-14

0856-25-7651

0856-25-7653

tokyo google maps

151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-21-15,
松濤第一ビル 1F

03-6804-7896