Blog

益田工房でお手伝いさせていただいている島根発の総合診療医育成プロジェクト「NEURAL GP network」がグッドデザイン賞2022 金賞を受賞しました。

東西に長く、交通網も未発達で、中山間地域や離島など、地理的課題の多い島根で、総合診療医を養成するネットワークを作り、バーチャル医局(オフィス)を構築したこのプロジェクト。島根県内の医師200名が、それぞれ所属している病院や大学、各種機関などの組織の枠を超えて、総合診療医育生のために集い、様々なアクションを繰り広げています。

全国的に地域医療の従事者が少ないという背景の中、医学部の中にできた「総合診療医養成プロジェクト」という新しい枠を活用し地域医療従事者を増やそうとする仕組みと、関係性のデザインが素晴らしい。地域医療を担う医師が大学でも教え、また学生も地域に出ていくことで総合診療医のなり手を増やすにとどまらず、教育のネットワークがそのまま地域医療のネットワークとなり、地域での医療的課題やお互いの日常的な気づきも共有できている。地域医療の人材やネットワークが、そこに住む人の安心・安全を心理的にサポートしてくれることに繋がり、結果としてその地域に住みたい人を増やす公共的なインフラ価値を作っている。

グッドデザイン賞審査委員会 評価者からのコメント

弊社ではプロジェクトのハブとなるウェブサイトを企画制作し、コンテンツ管理システムを作り、100名を超える医師と直接コミュニケーションをとり150本のビデオオンデマンドコンテンツの制作進行管理を行い、島根県内の各所で行われる写真・動画撮影の監督をし、知財権管理の専門家へ監修を仰ぎ、といったようなさまざまな役割を担いました。

発足当初は、整理すればするほどに、明らかになる膨大な量のタスクに焦りましたが、我々なりにできる方法を提案しながらひた走って参りました。なんとかやれたのは、しまね総合診療センターのセンター長、白石先生、副センター長、和足先生のリーダーシップ、コアメンバーの皆様のご協力のおかげ様様です。

今思えば、我々のような小さな規模のウェブ制作チームが請け負うような量と内容ではなかったような気もしますが、、苦笑
白石先生と和足先生とミーティングをすると、そんな膨大で難易度のあるタスクも、じっくりと一歩一歩確実に進めて、なんだかやれそうな気がしてくるのが不思議です。

制作を進めていくについて、だんだんとこのプロジェクトの意義がわかるようになり、類稀な組織構造であること、このネットワークのあり方は、社会を変えるかもしれない、すごく貴重な経験ができていると思うようになり、なんだか最初は小さな組織から始まりましたがインディペンデントな活動をしているような心持ちで、大いにモチベーションとなりました。

デザインディレクションで協力を賜った、バケモノ井関さん、撮影のため東奔西走してくれた佐々木哲平くん、佐藤友紀 さん、知財権監修をして下さった飯村様、プロジェクトの言語化をサポートいただいた記者の白築さん、本当にありがとうございました。

しまね総合診療センター NEURAL GP network WEBサイトは こちら

それでは、最後に、このプロジェクトをグッドデザイン賞の二次審査で使われた、センター長・隠岐島前病院 参与 白石吉彦先生による 渾身の4分間プレゼンテーション動画を掲載いたしますので、ぜひご覧いただければと思います。

グッドデザインアワード 2022。金賞のロゴ画像

CONTACT

masuda google maps

698-0025
島根県益田市あけぼの西町3-14

0856-25-7651

0856-25-7653

tokyo google maps

151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-21-15,
松濤第一ビル 1F

03-6804-7896