Blog

本記事は Howdy Johnny 公式サイトの開発メモです。
https://masudakohboh.com/works/1890

キャラクター画像の切り抜き

諸事情で元のキャラクター画像ファイルが入手できなかったため、動画から抽出する必要がありました。ただ、動画のスクリーンショットでは画質が落ちてしまうので、ffmpeg を使い最高画質の mp4 を PNG へ 一枚ずつ書き出すことにしました。

可能な限り高画質の JPG 画像に変換したら、次は Affinity Designer で切り抜きます。デザインするとき選択肢があるほうが良いので、数百枚とある画像の中から使えそうなポーズを厳選しました。

FV のキャラクター配置

キャラクター画像はすべて position: absolute で配置していますが、スタティックな値ではレスポンシブに動いてくれないので、メディアクエリと calc() を駆使し、細かく微調整をする必要がありました。最初にラップトップとモバイルの場所を決め、それからスクリーンサイズを変えながら徐々に数値を変えると効率が良かったです。

YouTube 動画の非同期読み込み化

ご覧のとおり YouTube の埋め込み動画がたくさんあるので、そのままではページのローディング時間が途方もなく長くなってしまいます。そこで、初期状態ではサムネイルと再生ボタン(右向きの三角形)だけにし、クリックしてから読み込まれるようにしました。

YouTube の ID を使えば iframe の動画とサムネイル両方生成できるので、ソースコードでは ID のみ記述し、サムネイルはロード後、埋め込み動画はクリック時に挿入するようにしています。

JS 処理前の HTML:

<figure>
  <div class="video__media">
     <div class="youtube video-container" data-embed="uPtUUKZM08k">
        <div class="play-button"></div>
     </div>
  </div>
  <figcaption class="video__caption">
    <div class="h3">プロローグ編「出会い①」</div>
  </figcaption>
</figure>

量産時は data-embed の YouTube ID とタイトルを変えるだけ。

JS 初期ロード完了後:

<figure>
  <div class="video__media">
     <div class="youtube video-container" data-embed="uPtUUKZM08k">
        <div class="play-button"></div>
        <img src="https://img.youtube.com/vi/uPtUUKZM08k/0.jpg">
     </div>
  </div>
  <figcaption class="video__caption">
     <div class="h3">プロローグ編「出会い①」</div>
  </figcaption>
</figure>

サムネイルクリック後:

<figure>
  <div class="video__media">
    <div class="youtube video-container" data-embed="uPtUUKZM08k"><iframe frameborder="0" allowfullscreen="" src="https://www.youtube.com/embed/uPtUUKZM08k?rel=0&amp;showinfo=0&amp;autoplay=1"></iframe></div>
  </div>
  <figcaption class="video__caption">
    <div class="h3">プロローグ編「出会い①」</div>
  </figcaption>
</figure>

CONTACT

masuda google maps

698-0025
島根県益田市あけぼの西町3-14

0856-25-7651

0856-25-7653

tokyo google maps

151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-21-15,
松濤第一ビル 1F

03-6804-7896