BLOGBLOGBLOGBLOG BLOGBLOGBLOGBLOG

ローカルジャーナリスト田中輝美さんがやってきた

島根県を拠点に現在大変ご活躍中のローカルジャーナリストの田中輝美さんが益田工房の東京オフィスに遊びに来てくださいました。洪、大石と同じく島根県の石見地方(浜田市)ご出身ということもあって、島根ネタで大いに盛り上がりました(ここは地元の居酒屋か!ってくらいのノリでした笑)。

地元中学生が職業体験にやってきました!

益田市立真砂中学校の学生が、益田工房本社に職業体験にきました。将来は絵やイラストに関係する職種に就くことを希望する「中学生」です。高校生のインターンシップは、積極的に受け入れているものの中学生は初めてなので、益田工房として何ができるか少し考えましたが、まずは純粋に夢を追うことや、楽しんで働くことの喜びを感じて欲しいと考え、チーフデザイナー桑原を中心に、職業体験を提供していこうと思います。

拠点間のバランスを試行錯誤しながら見えてきたこと

僕たちは島根県益田市と東京都渋谷区に2つの拠点を持つデザイン会社として、離れた拠点間で連携をとりながらマネジメントしています。東京と島根で、それぞれのメンバーがそれぞれの地域の仕事を別々に行っているわけではなく、基本的にどの仕事も、両拠点の混合メンバーでチームを編成し行います。

益田市きっと5万人大会議

益田工房は本社を島根県に置いていることもあり、地方における地域課題の解決にデザインで貢献していくことをコーポレートミッションの一つして掲げています。地域課題への取り組みといえば行政やNPOといった特殊機関が専門的に行うイメージが一般的かと思いますが、その街で暮らす個人個人が地域の課題に目を向けて、主体的に動いてこそ初めて解決に至ると我々は考えています。

しまコトアカデミー

先日、アーツ千代田3331で行われた『しまコトアカデミー ソーシャル人材育成講座』に奥出雲町役場の三成由美さんと共にゲストスピーカーとして参加させていただきました。

東京オフィスに待望のベンチベッドがきました!

益田工房東京オフィスには島根県江津市のDESIGN OFFICE SUKIMONOによる家具や建具といったプロダクトを多く入れております。今回新たに、オーダーメイドでオリジナルデザインのベッドを依頼し、最高の仕上がりのベンチベッドを納品してくださいました。寝心地もよく、そのデザイン性とクオリティの高さにとても満足しております。

隠岐島へ撮影にいきました

洪と大石と応援に駆けつけてくれたメンバーで、島根県の隠岐の島へ撮影に行きました。県西に生まれた僕らにとっては、あまり行く機会のなかった隠岐の島。今回は機会あって、撮影で隠岐の島前(海士町と西ノ島)を訪れたのですが、行ってみるとそこは「楽園」と言っても過言ではない雄大な自然と景色ばかりで圧倒されました。

フィルムスキャナー Optic Film 8100導入

益田工房では、不定期でフリーペーパー「sub UNIVERSE」を刊行しています。誌面や表紙を飾る写真は基本的に我々が撮影したものを使用しているのですが、デジタルで撮ったスナップの中からではイメージ通りのショットが見つからず苦慮していました。そんな時10年程前にマルセイユで撮った写真を思い出し、それを使用することに決定。そこで大活躍してくれたのが導入したてのPlustek社製フィルムスキャナー「Optic Film 8100」。